「事業戦略」「ビジネスモデル」「ビジネス・マーケティング」   

戦略を、ビジネスに実装するお役立ち   
提供サービス
コンテンツ・モジュール
会社案内
代表プロフィール
パートナー企業・団体
コンタクト・お問合せ
トップ > 提供サービス : 『新興国マーケットへの参入・進展』 支援サービス


2012.06 & 07 述べ31日間
 GMS諸国(Cambodia,Laos,Myanmar,Thailand,Vietnam)の社会・産業インフラの実態調査に出向き、政府・機関、商工会議所、SEZ、民間企業、Jetro、Jica、他 を巡る。
120名の要人と面談、取材ノートなど ご関心のある方は、お問合せください。

2012.09.05(水)
 日刊工業新聞 NBLA主催無料セミナー 『伸び代は新興国マーケット!:「大メコン圏マーケット」直近の実情について』  
好評を博して終えました。
当日配布しました「GMS市場概況報告」A3×2 及び オーダーメイド『出張セミナー・勉強会』
をご請求・ご要請ください!


2012.05.16(水)〜23(水)
近畿日本ツーリスト蠎膾邸GARDA企画・協力で、
『Cambodia & Thailand 投資環境ミッション』を実施いたしました。
[ご案内・募集要項・参加申込書]
報告書は参加メンバー & GARDA会員限定でPDFにて配布しております。
ご興味・ご関心のある方は、事務局までお問い合わせください。


2011.04.01(金)
『グレーター・アジア研究会(GARDA)』発足



2010.12.01(水)

海外工場視察調査団

15年ぶりの円高とアジア市場の拡大に対応した製造業のビジネスモデルとして、
中小企業もアジアへ進出する時代となってきました。

そこで、ビジネスモデル学会 主催・日本生産管理学会協賛・日刊工業新聞社 後援で
海外工場視察調査団を企画し、現地に赴き自分の眼で海外工場や海外ビジネスを視察
調査する目的で参加メンバーを募集します。

団長・監修:千葉工業大学 社会システム科学部 森 雅俊教授
1
タイ
ベトナム
 
インドネシア
 
ミャンマー
 
ラオス
 
 
 

【緊急ミッション】
中堅・中小企業
『新興国マーケットへの参入・進展』 支援サービス を立ち上げました

「事業戦略」「受容性調査」「用地、許認可、業務代行」「人材派遣」‥
現地で根を下している日系企業と協力・協業、一貫して提供・ケアします!

BRICs(伯、露、中、印)VISTAC(越、尼、南阿、土、爾、哥)など新興国の台頭は著しい。
2008リーマンショック以降、冷え込んだままの先進諸国経済とは対照的に、成長を加速している。

2025にはBRICs+VISTAC:2000、EU:1500、USA:1300、JAPAN:500=5300兆円に
市場規模が海外90%日本10%という現実だ。

IT & 物流革命により世界の時空は小さくなった。

企業の大命題は、
「世界の最適地で生産し、世界で最も高い値段で買ってくれるマーケットで売ること」
そのための体制整備が急務。

製造拠点については、中国が「世界の工場」と呼ばれていたが、
“ホンハイ・ショック”等で人件費が高騰しているため、
タイやベトナムに移す企業が増え、ミャンマーやバングラデッシュに注目する動きも活発になっている。


「地産地消」 海外進出・産業立地の魅力
例え円建でヘッジしても、円高は価格競争力を蝕む。
消費地で一貫生産すれば、為替リスクを軽減でき、中長期的には現地市場の成長が見込める。
それに現地の政府や自治体が支援に積極的で法人税率なども低い・・・
単純な円高対応だけではなく、日本国内を上回る立地の魅力があるからこそ、
企業の海外進出は急加速していくのだ。


Thailand(泰)の魅力:
日本からの直接投資が半分以上を占め、国民は日本に対する好感度も高く、勤勉・実直。

自動車・電機の主要有力企業が製造・調達・販売拠点を構え、
それを支える裾野産業は広く、現地調達率は上昇一途だ。
社会インフラも整い
「インドシナ東西南北回廊」と呼ぶ高速道路網も縦横に繋がり、
アジア圏のハブの位置にある。

日本からの進出企業は累計9000社
現在7500社が営業を続け、
内35%を製造業が占める。


アジア圏には、
大きく発展が期待される「大メコン圏(GMS:Greater Mekong Sub-region)」
「スマートシティ」に代表されるインフラ投資・数百兆円が控えています。


今が最後の分岐点・剣ヶ峰
決断しよう!


BANGKEN CONSULTANTS CO.,LTD.
http://bangken.com/business/


DATAMAX CO.,LTD.
http://www.datamax.co.th/

現地で根を下ろしている日系企業と協力・協業、“RPDCA”一貫して支援させていただきます。
先ずは、お問い合わせください!
藤井昌樹 : fujii@btob-m.co.jp 090-2469-5594


トップ | 提供サービス | コンテンツ・モジュール | 会社案内 | 代表プロフィール | パートナー企業・団体 | お問合せ

Copyright(C) B to B Marketing 2009 All Rights Reserved. Supported by bizknowledge